SSブログ
前の10件 | -

奥の細道・2日目

 

 寝れなかった道の駅での車中泊、師走中13日の早朝、天気は良好



壬生町福和田、丁の字交差点に芭蕉句碑  『北赤塚一里塚跡』の榎
『久たびれ亭 宿可る頃や 富じの花』  日本橋から25番目とある。
IMG_6867.jpg  IMG_6869.jpg



日光荒二山神社から程近い東照宮に向かう途中に廃館となった旧宝物館の庭に
                                                    『あらふたと 青葉若葉の 日の光』③
IMG_6871.jpg  IMG_6872.jpg



日光市安良沢小学校校庭には      安良沢小から1時間程[車(セダン)]
『暫時は 瀧に籠るや 夏の初め』④   芭蕉宿泊地、塩谷郡塩谷町玉生の宿跡碑あり。
IMG_6875.jpg  IMG_6877.jpg



4月2日鬼怒川を舟で渡り玉生で宿泊し    黒羽城跡、急に雨雲発生し雷の襲来受をける
3日快晴8時立つ、黒羽城址へは[車(セダン)]一時間半  芭蕉はこの黒羽の地で14日間滞在
IMG_6878.jpg  IMG_6880.jpg



城址に『田や麦や 中にも夏は ほととぎす』『山も庭も 動き入るや 夏座敷』
いづれの句も奥の細道には載ってはいない句である。
IMG_6879.jpg  IMG_6881.jpg



芭蕉が13泊した黒羽で殺生石へ立つ時に  芭蕉の弟子十哲の一人、桃雪の家に6泊
詠んだ句がこの常念寺にある。      『野を横に 馬牽きむけよ ほととぎす』⑦
IMG_6887.jpg  IMG_6885.jpg



  

黒羽 修験光明寺跡の木札、茂みの先に句碑があり『夏山に 足駄を拝む 首途哉』⑤
IMG_6894.jpg  IMG_6892.jpg



那須雲厳寺、JR東日本のCMに吉永小百合 臨済宗妙心寺派のお寺(禅寺)での句
が立っていた朱塗りのそり橋      『啄木鳥も 庵は破らず 夏木立』⑥
IMG_6896.jpg IMG_6900.jpg



遊行柳、芭蕉句碑があり他にも西行や蕪村  『道のべに 清水流るる 柳かげ
の句碑もある。              しばしとてこそ 立ちどまりつれ』西行句
『田一枚 植えて立ち去る 柳かな』    『柳散 清水涸 石処々蕪村句 IMG_6901.jpg  IMG_6904.jpg



那須温泉神社の境内には『湯をむすぶ 誓いも同じ 石清水』
の句碑があるが芭蕉の句ではない。    神社から見下ろす硫黄臭漂う殺生石
IMG_6908.jpg  IMG_6909.jpg



『飛ぶものは雲ばかりなり石の上』   『石の香や 夏草赤く 露暑し』
IMG_6911.jpg  IMG_6912.jpg

『飛ぶものは雲ばかりなり石の上』この句は芭蕉の名が消されていて実際は

越中の麻父(まふ)という門弟が詠んだ句であることが判明。



是より先の白川関所跡へは春の雪解けを待って其れからと言う事に・・・何時頃かって?

『桜より 遅くはならぬ 首途かな』寅次郎




nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

奥の細道・旅初日

 甲州街道歩き旅を終えてフッと、思ったのが長い長~い『奥の細道』を車で辿る旅を[車(セダン)]

あれから3ヶ月後、思いが実行に!!


奥の細道、旅立ちは3月27日だが新暦だと5月16日、初がつおが出回る時期だったのか!!


寅は2020年12月12日(土)9:00に芭蕉庵跡を曽良(愛車トヨタライズを曽良と命名)と出発

この旅は芭蕉の奥の細道を曽良と共に一般道を走り辿って行く車旅です。


天気に恵まれた芭蕉庵跡で近所のおばちゃんと立ち話、暫らくして発つ時に『行ってらっしゃい』

と元気付けられ『行って来ます』と答え後にしました。


芭蕉庵跡は小さな公園         隅田川を眺める芭蕉

IMG_6837.jpg IMG_6838.jpg


                  

芭蕉が眺める隅田川、発つ前に我が家を 『川上と この川下や 月の友』芭蕉五十歳の時

『草の戸も 住み替る代ぞ 雛の家』①  小名木川に舟を浮かべて詠んだ秋の句

IMG_6839.jpg IMG_6842.jpg


千住大橋の袂、『矢立初めの地』    『行く春や 鳥啼き魚の 目に泪』の句碑②

IMG_6844.jpg IMG_6847.jpg


草加市札場河岸公園の芭蕉は道を挟んだ向こう側、おせん公園の曽良と向き合い何か交わしているかのような・・

IMG_6848.jpg IMG_6850.jpg


                   『毛のいへば 唇さむし 秋の風』と、あるが

粕壁宿小渕山観音院に宿泊とある。    この句は奥の細道の後に詠んだ句である。

IMG_6854.jpg IMG_6856.jpg


野木神社、天然記念物の大銀杏推定1200年境内に『一疋の はね馬もなし 河千鳥』何時の句かな?

IMG_6862.jpg IMG_6859.jpg


室の八島16:40到着、木立の中はまるで夜、池の中の八島が良く分からない。

此処で詠んだ句が何故か奥の細道の句では無い?『糸遊に 結びつきたる 煙かな』

IMG_6866.jpg IMG_6865.jpg


もう、是より先には行けず近くの温泉を探して慣れない車中泊に(この時期に宿泊は気が引ける)


温泉施設の隣が道の駅、ホテル旅館泊とは違い車中泊は寝心地悪くて眠れない、寒くてエンジン切れない。

で、2時間半程の睡眠時間だった。6:30コンビニで朝食を済ませる。

              この続きは次回に・・・




nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

信州蔦木~下諏訪宿

 9月5日(土) 晴れ/曇り[雷]


 前回から一か月ぶり、青空が広がる信州富士見町から7:30スタート。


甲斐国と信濃国の国境、釜無川に架かる新国界橋周りは稔りを待つ田んぼと白い花咲くそば畑↓

国境 (1).jpg?国境 (2).jpg


蔦木宿本陣跡            重修一里塚跡(塚平一里塚)は47里↓

国境 (3).jpg?国境 (4).jpg


20号から旧街道に入ると馬頭観音石碑群  集落抜けると御射山神戸一里塚跡は48里↓

国境 (5).jpg?国境 (6).jpg


金澤宿本陣跡の説明板だけが残る    敵の攻撃を防御する舛形路である↓

国境 (7).jpg?国境 (8).jpg


権現の森、元,青柳宿で水害の為場所を移し宿名を金澤宿とした  中央本線に沿って歩く↓

国境 (9).jpg?国境 (10).jpg


常夜燈に石碑群、画面外には道祖神も有り 茅野駅前、諏訪神社の大鳥居で終了予定だった↓

国境 (11).jpg?国境 (12).jpg



神戸一里塚跡は日本橋から51番目   大阪城守備に藩主に随行した家臣吉田氏が持ち帰った松↓

国境 (13).jpg?国境 (14).jpg



片羽一里塚跡は52番目        道中茶屋跡『橋本政屋』嘗ての栄華の程を感じる↓

国境 (15).jpg?国境 (16).jpg



富部一里塚跡は甲州街道最後53番目   下諏訪宿高札場跡

国境 (17).jpg?国境 (21).jpg



下諏訪宿本陣跡            最終地、中山道との合流地↓

国境 (18).jpg?IMG_6779.jpg


甲州街道GOAL!!

下諏訪大社              湯泉児湯は合流地の近くに在り↓

国境 (19).jpg?国境 (20).jpg




午前中はとてもいい天気、午後からは空一面に雲が広がり14:00頃から雷がなり始めたが

雨にならなくて助かりました。

午後からは猫の目のようにコロコロと天気が変わり合羽を出したり収めたりハラハラドキドキ

諏訪湖を見下ろしながらの歩きは疲れた身体や心の癒しにはとても良かった。


歩き終えて浸かった温泉は寅好みの熱め、湯船でのマッサージは欠かせない


のんびり二日掛けて歩くつもりが体調は頗る良好で強行一日で終えてしまった。




nice!(13)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

韮崎宿~国境へ

 世界中が武漢肺炎でてんやわんやの騒ぎの中自粛、寅も7ヶ月間という長い間県内での移動

8月1日(土)待ってましたとばかり長い梅雨から天気予報通り夜明けと共に小雨も上がり

絶好の夏日和だが、歩きにはちょっとキツイ日差しです。


本日、寅は旅の再開です。AM6:00

IMG_6661.jpg

前回の旅から8ヶ月やっと韮崎宿からスタートが出来ました。


IMG_6664.jpg

十六石 武田信玄が晴信の頃に釜無川の治水工事のために設けた十六石


IMG_6667.jpg

旧甲州街道の分岐は右側へ


IMG_6668.jpg

石碑群 集落を過ぎると九頭竜大神石塔や道祖神など



IMG_6673.jpg

かかしの里 街道沿いに設けられた水路には現代風実用型水車が回っています。


IMG_6676.jpg

桜のトンネル 田園地帯には日除けが無く恵みの桜木


IMG_6678.jpg

武川一里塚跡 甲府から六里のため六里塚とも呼ばれている。


IMG_6683.jpg

萬休院 国指定文化財『舞鶴松』が2006年に枯死、現在3代目の松が植樹されているが

草が伸び放題で説明板の庭園とは程遠いようだ。


IMG_6685.jpg

一里塚跡 43番目の一里塚は甲府から七里、七里塚とも呼ばれる。


IMG_6689.jpg

石碑群 庚申塚に馬頭観音


IMG_6696.jpg

台ケ原宿 高札場跡、奥には本陣跡がある。隣の東江戸方には問屋場跡もある。


IMG_6697.jpg

老舗蔵元 白州の銘水が織り成す旨い酒、七賢は300年前から 七賢とは高遠城主より

頂戴した欄間一対が諏訪の宮大工作『竹林の七賢人』七人の穏士だったことから命名


IMG_6700.jpg

和菓子の老舗 金精軒で生信玄餅5個入りと水信玄餅2個を早昼飯代わりに

IMG_6701.jpg

見るも食べるも初 期間限定で土日のみ販売、30分以内で賞味の水信玄は 

黒蜜と黄な粉をかけ食べるや なんと、メルヘンの一言!!


IMG_6708.jpg

教来石宿山口素堂生誕地の石碑 『目に青葉 山ほととぎす はつ松魚』の句


IMG_6707.jpg

山口の関所跡 信州との国境に口留番所、信玄が1546年伊那進攻の際に設けた



今日は久しぶりの長歩きで腰に違和感を覚えてきたのでこの先の国境釜無川までで終わりとします。

今回三日間の予定を組んでいたのですが急用が舞い込み帰ることとなり後日再開します。


nice!(13)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

勝沼から韮崎

   12月14日(土) 気持ちの良い快晴


 我が家を5:00に出て8:00過ぎ此処は勝沼ぶどう郷駅 何故に駅がと、

思うくらい周りがぶどう畑



IMG_6585.jpg

駅を出たら正面に見える赤石山脈?は雪景色、甲州街道までタクシーを利用



IMG_6587.jpg

文政の常夜燈、思わず見過ごすところでした。



IMG_6591.jpg

旧甲州街道に入ると土手を通るが柴又の荒川土手を思い浮かぶ



IMG_6592.jpg

笛吹権三郎、石和川の氾濫で母を亡くした権三郎が母を探しながら母の好きな曲を吹き

ながら探すが権三郎も川に落ち命を落とし後に川から笛の鳴る音が聞こえてきたそうです。

それから石和川を笛吹川と呼ぶようになったとさ。




IMG_6597.jpg

鵜飼山遠妙寺



IMG_6599.jpg

石和宿本陣跡



IMG_6603.jpg

甲府柳町宿本陣跡、GSの向かいに在ったらしいが表記するものが見当たらない。



IMG_6605.jpg

夫婦サイカチ、湿地に生えてる木だそうです。樹齢は300年 両樹とも雌木と表記あり



IMG_6606.jpg

竜王新町下宿道祖神場 村の協議集会の寄り合い場



IMG_6610.jpg

赤坂供養塔 坂道を振り返れば富士山が見えます。



IMG_6612.jpg

武田勝頼が岩殿城へ逃げる際、新府韮崎城に火を放ち北条夫人が燃え上がる城を見て

涙したという。



IMG_6617.jpg

芭蕉句碑、『昼みれば 首すじ赤き 蛍かな』 蛍の名所だった所、六反川(金川)




IMG_6620.jpg

韮崎駅前、勾配のある所でもないのに今日は膝から腰にかけてのダメージが感じます。


本日の目標、韮崎まではここで終了です。

下諏訪が段々近くなるので気持ちが諏訪諏訪いや、ソワソワしてます。






nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

笹子駅~勝沼

 11月17日(日) 前日に続き好天


 7:40笹子駅をスタート今日もやる気満々で勝沼まで向かいます。


2019-12-01 14.32.56.jpg

駅前の国道20号線スタートしてから30~40分ほどで左の旧道へ入ります。




IMG_6526.jpg

唯一の名所『矢立の杉』出陣前の武者がこの大杉に矢を射立て武運を祈る習慣があったという。




IMG_6528.jpg

笹子隧道、




IMG_6529.jpg

隧道を抜けると左の斜面を行く峠道の案内板だが険し過ぎて無理なので日影笹子線を行く

事にします。

振り向くとなんと峠越えの道が有り大失態です。何も考えずトンネルを抜けて来ました。




IMG_6530.jpg

甘酒茶屋跡、お昼時我慢して下って行く。




IMG_6532.jpg

駒飼宿、一寸一服を遅めの昼食です。朝コンビニに買ったおにぎりとサラダを注入です。

休憩もそこそこにしてさぁ歩こう!!



IMG_6535.jpg

駒飼本陣跡



IMG_6533.jpg

中央高速の下をくぐり抜けて行きます。




IMG_6534.jpg

脇道にはニホンザルの群れ、甲州街道では初めて目にします。




IMG_6538.jpg

柏尾古戦場跡に近藤勇像、どうやら鵜瀬宿を素通り旧跡を見落として来たようだ。




IMG_6541.jpg

本陣槍掛の松、大名や公家が泊っている時に槍をこの松に立て掛けていたそうです。


本日はここまでで終了です。


薄暗くて長い峠越えは一人で歩くには寂しくて辛い だから、早足になり見落としが

多くとても残念でした。甲州街道では後甲斐(後悔)しきりです。

次に備え下調べに万全を尽くします。






nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

鳥沢宿~笹子駅

 11月16日(土) 天気は上乗、昨日に引き続き気合を入れて歩きます。

鳥沢駅を出て猿橋へと向かいます。


IMG_6517.jpg

猿橋、日本三奇橋の一つとされ橋は以前から有り1756年に現在の奇橋に架け替えた!!




IMG_6516.jpg

猿橋の袂に大黒屋という食堂があるが以前は旅館で国定忠治が滞在していた事で店の名物

『忠治そば』が売り物でまた、世界の日立製作所を創業するに二人の技術者が打ち合わせ

を行った旅館だったと立て看板に書いてありました。




IMG_6521.jpg

岩殿城跡は関東三名城の一つ武田氏二十四将の一人小山田信有の古城

右側の街燈真上地肌の見えてる処が城跡。




IMG_6523.jpg

下花咲一里塚 江戸から二十四番目の一里塚




2019-12-01 15.40.30.jpg

大月宿本陣、本陣1軒に脇本陣が2軒 旅籠が2軒の小さな宿場町




2019-12-01 14.53.06.jpg

法雲寺橋は台風19号で橋が崩壊して二か月間通行止めでした。



2019-12-01 15.23.19.jpg

白野宿入口に庚申塚




2019-12-01 15.24.34.jpg

白野宿の街並み



2019-12-01 15.07.52.jpg

笹一酒造、中央高速を利用する度に気になっていたんです。



2019-12-01 15.08.14.jpg

1661年花田屋として創業し後に、1919年『笹一』と改名

『笹』はお酒 『一』は日本一と言う意味で名付けられたそうです。

現在は大量生産方式を全廃して麹作り、酒母工程を手作りに戻したそうです。

358年にも成る歴史が凄い!!




2019-12-01 14.37.54.jpg

『笹子餅』を見て何故か越後の笹団子がイメージとして浮かぶが・・・



2019-12-01 17.54.19.jpg

屋号『みどりや』さん、こじんまりとしたお店で10個入り1000円を購入して

笹子駅で電車待ちの間に10個完食!! 

馬かった、牛まけた。大石かった、吉良まけた。なんじゃそれ ってか。





2019-12-01 14.39.36.jpg

笹子駅、笹子餅を買って数分の所で良かった。


上鳥沢宿、猿橋宿、駒橋宿、大月宿、下花咲、上花咲宿、下初狩、中初狩宿、

白野宿、阿弥陀街道宿と数多くの宿場を一日にして通り抜けましたが20キロ

程の道のりですが、昨日の疲れも有り老体には堪えます。お風呂に入りたいので

只今16:00今日はこれまで ホテルに泊まりたいがこの駅から直帰します。


また、








nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:地域

相模湖駅前~鳥沢宿

 あれから165日、人生色んな事が有りました。例えば、婆婆ぁ~も参加の爺(自治)会の会議や行事、

予定日の悪天候、友達との旅行、それに97歳の母親が突然あの世に旅立ち世話しない日々が続いて

やっと街道歩き旅の時間が取れました。




晴天の11月15日(金) 相模湖駅前8:00 スタート


IMG_6473.jpg
興瀬神社(ともせじんじゃ)与瀬の人は権現様と呼び 日本武尊が祀られている神社。


IMG_6475.jpg

明治天皇小休所址碑の奥には与瀬本陣跡があります。


IMG_6477.jpg

此処の地名は椚戸『くぐと』と寅の脳味噌では読めなかったなぁ~



IMG_6479.jpg

吉野宿高札場跡




IMG_6482.jpg

20号線に入ると吉野本陣跡 向かいには『ふじや』当時は藤屋という旅籠で高遠藩や

諏訪藩、高島藩などの参勤交代で常宿として栄えた歴史ある旅館のようです。



IMG_6485.jpg

関野宿本陣跡、時代劇でお馴染み長谷川伸の『関の弥太っぺ』が舞台となった所



IMG_6488.jpg

諏訪関跡・境川番所とも言い物資や人の取り締まり、それに徴税が役目のようです。




IMG_6492.jpg

是より鶴川宿碑、小さな宿場町なのだが川留めがある為、旅籠が8軒も有ったようです。

吉野宿や関野宿などは旅籠は3軒、それに比べれば8軒は多い。 



IMG_6496.jpg

大椚一里塚跡は19番目



IMG_6499.jpg

長峰砦跡は東側の相模国北条氏からの侵略を防御する為に設けた砦



IMG_6500.jpg

野田尻宿本陣跡 江戸を出発して20番目の宿場です。



IMG_6508.jpg

犬目兵助の墓 犬目村の兵助・竹七という農民が一揆を起こし騒動は国中に広まり

甲州一揆の首謀者、竹七は獄中死、兵助は逃げ切って維新後には水越と改名したという。



IMG_6509.jpg

犬目宿碑 峠の小さな宿場町で富士山が見え景色が良く旅籠が15軒も在ったという。



IMG_6512.jpg

恋塚一里塚跡は日本橋から21番目、



IMG_6513.jpg

坂道を下ってると其処にひとが居るかのように見えました。

人っ子一人で会わない長い道程にこの場所に小休止、話しかけたい気持ちになります。




2019-12-01 16.08.39.jpg

鳥沢駅 本日はこれまで・・・鳥沢宿は下と上が有り21番目の鳥沢下宿

久しぶりの歩きで与瀬宿から鳥沢宿、この街道アップダウンが多くて疲れました。

体調を明日に備えます。




















nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

八王子駅前~相模湖駅前

 6月2日(日)晴れ


前回の歩きから、訳あって約2ヶ月空いてのスタートです。


今回も天候に恵まれ八王子駅前通りを8:00にスタートしました。


IMG_6261.jpg

日曜日の朝8:00ではまだ、人はマバラな甲州街道



IMG_6264.jpg

真っ直ぐな街道筋を歩くと現代の建物の中に歴史を語る建物が一つ



IMG_6266.jpg

2キロ程の真っ直ぐな道が此処、追分で右へ陣馬街道と左は甲州街道に分かれる



IMG_6267.jpg

追分から15分くらいかな?散田一里塚跡は12番目



IMG_6269.jpg

昭和天皇陵が造営される前までは多摩御陵と呼ばれていたそうだ。信号機には多摩御陵入口と・・



IMG_6275.jpg

小仏関所跡



IMG_6277.jpg

関所と隣接の本陣跡




IMG_6278.jpg
中央本線が走る赤レンガのガード



IMG_6279.jpg

歩き始めて3時間峠の入口、車が通れる道が終わり峠越えに入る




IMG_6280.jpg
キツカッタ登り、やっと小仏峠に



IMG_6281.jpg
峠の一角に明治天皇御休憩跡の石柱




IMG_6286.jpg
峠から1時間ほどで小原一里塚跡、塚はこの上とあるが中央高速が有り一里塚は残って無い



IMG_6289.jpg
小原の関所跡



IMG_6292.jpg
関所から100メートル小原本陣が在る



IMG_6293.jpg
関所を過ぎて旧道に入り えんどう坂を下ると線路際に、相模湖駅は直ぐそこだった



IMG_6294.jpg
街道に出て駅前の交差点で今回は終了です。13:45とは早い終了ですが病み上がりって事で。



前回歩き終えて数日後に人生初の痔になりました。大豆程のものがポッコリと

この年でなるとは爺痔ならぬ イボ痔、病院にも行かず市販の薬を試すが効き目無く

ほっといたら何時の間にか治ってました。

これこそが人体が持つ”痔癒力”ってやつですかね。



大幅に遅れを取った甲州街道、次回から気合を入れて歩きます。






nice!(16)  コメント(3) 

甲州街道を仙川~八王子宿

   4月6日(土)晴れ


 前回、仙川一里塚跡を目前にしてout 本日の体調は絶好調!!

8:45 スタートです。

IMG_6171.jpg

仙川一里塚跡(5番目) なかなか目にしない一里塚跡スタートしてから数十メートルで遭遇


IMG_6172.jpg

瀧坂旧道の石柱に馬宿川口屋と刻まれている。


IMG_6173.jpg

金子のイチョウ 太4,09(雄)細1,97(雌)と説明板 寅の眼には細い方が分からなかった。


IMG_6179.jpg

西光寺 門前に近藤勇の像が鎮座 甲陽鎮撫隊のゆかりの地。


IMG_6182.jpg

染谷不動尊 金銅阿弥陀如来像は新田義貞が鎌倉攻めの時の守仏とした。


IMG_6191.jpg

府中高札場跡


IMG_6194.jpg

府中問屋場跡 現在は酒屋さんのようです。高札場跡と真向かいの位置


IMG_6196.jpg

仙川から歩き布田5宿、府中八幡、そして此処は府中番場宿跡


IMG_6202.jpg

谷保村秋葉常夜灯、常夜灯もなかなか目にしません。



IMG_6209.jpg

日野の渡し跡碑 今ではモノレールまでも多摩川の上を渡っています。


IMG_6213.jpg

日野宿、 問屋場、高札場跡


IMG_6216.jpg

竹の鼻一里塚跡 八王子駅へは目と鼻の先、駅前で本日のGOALとします。


16:30 駅前に到着、ここまでは平たんな道なのに体調万全にしては思っていたより

遅いペースの25Kでした。

次回、是より先は山道を行く事になりますが、絶好調を維持していきたいと思います。



甲州街道は、一里塚跡が東海道のように多くは無く一寸寂しいですね。

それに、街道の並木にはイチョウの木が!!



nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。